最新 RSS Twilog 掲示板

くでんな日々や公開どう?

2007/02/12

[Mozilla] くでんMozilla Addons探検隊

次期Mozilla Addonsのテストページというのは以前にTakenさんが紹介されてて知っていたんですけど、まぁ与えられたものをありがたく使わせていただくだけの末端ユーザですよってからにと様子見していたところ、今日「Mozilla Add-ons が変わる」という記事に『Mozilla Corporation は人気の Add-Ons サイトを数千ある拡張のリストから200ほどのリストに変更してスタートするようだ』とあって、なにそれ?と驚きつつ他のサイトを見るとFlysonさんが実際に使用リポートを書かれてて、気になったので私も潜入してみることにしました。

おお、登録されてる拡張が129でテーマが69、合わせてほんとに200くらいだ……Phoenity ModernとlowandshさんのModern ModokiとコザクラインコさんのFusion Alternative 2は登録されてる(なんでFusion Alternativeはないんだろ?)……ダウンロード数なのかレビュー数なのか最近更新されてるかなのかわかんないですけど、とりあえず次期Mozilla Addonsには最初からすべての人に公開できるアドオンのうちに滑りこめそうです。以下にくでん隊員の潜入記を。

トップページ
Googleみたくブラウザの言語の優先順か何かを見て自動的に日本語のページを表示してくれます。右下の緑の矢印の部分でページの言語の切り替えができます。それでは右上の赤い矢印のリンクからユーザ登録ページに行ってみます...
ユーザ登録
こんな感じでユーザ登録します。私はPhoenity Modernがあるということはユーザ登録はされてそうなので直接ログインページに行ってみます...
ログインページ
とりあえずメールアドレスとパスワードを入力してログインしてみます...
ユーザ情報
ログインできたみたいです。ユーザ情報も表示されてます。ここでサンドボックスにあるアドオンもすべて表示するか?という設定が変更できるみたい。サンドボックスを表示する設定にしてログインするとページの赤いの矢印の部分に公開ページとの切り替え用のリンクができて、そこをクリックするとサンドボックスのページに入れます。青い矢印の部分のデザインと緑色の部分の色が変わったのがお分かりいただけるでしょうか?テーマを見てみたらOkhotskaとか最近のMozilla製品に対応していないテーマが置いてあったりしました...
ログインした状態
トップページに戻るとサイドバー部に「開発者用ツール」へのリンクが増えて、右上にはちゃんとログインされた状態であることが表示されています。それでは「開発者用ツール」のページに行ってみます...
開発者用コントロールパネル
Phoenity Modernがありました。まずはアドオンの詳細を見てみましょう...
アドオンの詳細
ここでは一番下の「開発者のコメント」が各国語でローカライズできるみたいです。次はアドオンの編集のページに行ってみます...
アドオンの編集
ここが一番見所かも?どんなアドオンかかなり細かく表示できてそのローカライズもできるみたいです。利用規約とかプライバシポリシとか。これで、作ってる人が自分自身で英語以外の言語に訳せるので、原作者がMozilla SuiteのModernテーマがベースと書いてて、次にそれを引き継いだ人もそれを踏襲して、現在更新してる人は(Mozilla Suiteの後継の)SeaMonkeyのModernテーマがベースと一貫して云ってるのに、勝手にNetscape 7 標準テーマがベースを書かれることもなくなります。だからただでさえ瀧田さんがいるっていうことで勘ぐられ易いんだから実質はどうであれオープンソースのMozillaとプロプライエタリなアプリケーションのNetscapeをごっちゃにするのはどうなの?と思うのですよ...
新規アドオンの登録
新規アドオンの登録ページ。今回は私は新規に登録はしてません。登録するアドオンもないしね。ということで先述のFlysonさんの記事を参照してください...
Phoenity Modernのページ
最後にテーマの中のPhoenity Modernのページも見てみます。プレビューがおかしいのはアドオンの詳細から直せそうなんですが、いじっちゃってだいじょうぶか分からないのでとりあえずそのままにしてあります。レビューと議論のページが別になったのはいいですね。レビューなのにサポートの件を書いちゃう人がどうしてもいますし...
コメント
お名前 コメント